第1回島熊山能面祭
島熊山能面祭 TOP
東京能面展

審査員

観世流能楽師 シテ方         泉流能楽師 狂言方

梅若 玄祥先生  大槻 文藏先生   小笠原 匡先生
山本 博通先生   赤松 禎友先生
山崎 正道先生   武富 康之先生
受付
番号
作品名 応募作者 出身地
奨励賞
(9面)
4 長霊癋見
(ちょうれいべしみ)
糸井久明 福岡県
9 十六中将
(じゅうろく
  ちゅうじょう
)
白井充夫 埼玉県
50 宝増
(ほうぞう)
福原敏郎 埼玉県
66 万媚
(まんび)
田中徳平 福岡県
73 泥眼
(でいがん)
岩武忠典 大分県
86 大癋見
(おおべしみ)
藤森信義 大阪府
102 増女
(ぞうおんな)
亀川博道 兵庫県
109 小獅子
(こじし)
笹本 榮 兵庫県
119 蝉丸
(せみまる)
西村 武 福岡県

ごあいさつ

第11回島熊山能面祭にご応募いただきありがとうございました。

今回も人間国宝2名を含む7人の能楽師の先生方に「舞台で使える能面」を基準とした公正で厳しい審査と助言をいただきました。能面作家の皆様には複数の能楽師から総合的な評価が得られ、今後の「平成の名作つくり」にお役に立てたのではと考えています。

今回は、表彰項目の整理や出品料の改訂、作品評(コメント)の変更など、大幅な募集要項の改正が行われたことにより、若干応募数の減少等もありましたが、応募作品の質は向上し、より適格な審査・コメントが得られたのではないかと考えています。

梅若玄祥先生・大槻文藏先生・山本博通先生・赤松禎友先生・山崎正道先生・武富康之先生・小笠原匡先生には大変ご協力いただきました。改めてお礼申し上げます。

今年は島熊山能面祭のこれまでの業績が評価され、豊中市より「豊中魅力アップ助成金」の交付を受けることになりました。これからも能楽の発展と「平成の名作」の実現を目指し、地域とも連携した活動を進めて行きたいと思います。豊中市にお礼申し上げます。

なお、来年の第12回能面祭は今年と同時期に開催し、8月の「能楽師と交流会」時に能「葵上」を演じる予定です。これに使用する能面を。課題部門「葵上で使用する能面」として募集します。能楽師が使いたくなるような素晴らしい能面を期待しています。

島熊山能面祭実行委員会

入選発表!
交流会の
ご案内

第11回島熊山能面祭募集要項
  クリックで表示致します

審査員総評

応募作品全体のレベルは上がっています、しかし、「舞台で使いたい」「使っても良い」という作品が少なくこれまでの上位入賞者が伸び悩んでいます。一言でいえば全体の底上げはできているが平均化し当落の差が少なくなっています。選外にも少しの手直しで十分舞台で使用できる良い作品も多数ありました。伸び悩んでいる原因は、自分の創意工夫を出そうとしてそれが逆にマイナスになっている感じがします。もう一歩素直になった方が良いのではないでしょうか。

彫の技術は上がっているのですが、気になるのは彩色の問題です、写真を見て彩色されている方が多いようですが、陰影も含めて写真ではわからないと思います。彩色は舞台でどう映るか、感じるかだと思います。面の種類にかかわらず舞台でどういう彩色が良いのかを考えてください。

経年の汚れを無理に付けようとして変に濃く・黒くなってしまった作品や、古色でごまかしてしまう作品が相変わらず多い、骨格をきっちり打ち、素直に舞台での表情を考えて彩色することが必要でしょう。その為には舞台を見てください。良い古面を見てください。

今回は、より飛躍していただくためにも、「舞台で使える能面」を基準に、より厳しい審査とコメントをさせていただきました。多くの面の作品評を参考に自分の作品の足りない部分良い部分を検討していただき新たな峰に到達されることを期待します。

応募作品に、増女(是閑)とか小面(雪)・若女(河内)など作者の名前等を記入されているものがあります。審査する場合、是閑(増女)と書かれると是閑の本面と比較して判断されます。一般的に増・小面・若女として応募された方が良いでしょう。写しとは何か?何を写すのか、どの曲に使うのかを考えてください。

今回、大賞に小面2面が選ばれましたが、大槻文藏賞の小面はシテ面として、梅若玄祥賞の小面はツレ面として選ばれました。能「松風」の業平を永遠に待つ可愛い女性のシテの松風の霊と冷静沈着にして分を守るツレの村雨の霊を表現するのにちょうどよいと思われます、シテ面とツレ面の違いを学んでいただければと思います。


入選作品
受付
番号
作品名 応募作者 出身地
豊中市長賞 99 弱法師
(よろぼうし)
藤田修三 兵庫県
審査員特別賞 111 大飛出
(おおとびで)
長谷川好昭 兵庫県
受付
番号
作品名 応募作者 出身地
梅若玄祥賞 90 小面
(こおもて)
井上欣一 長野県
大槻文蔵賞 110 小面 
(こおもて))
長谷川好昭 兵庫県

特別賞
大  賞

受付
番号
作品名 応募作者 出身地
優秀賞
(2面)
42 大顰
(おおしかみ)
立錦祥元 広島県
79 邯鄲男
(かんたんおとこ)
田川聞悟 大阪府